カラコンが近視や眼精疲労の原因になりえるとか

自分は近眼で、仕事上パソコンを使うことが多いので、目の疲れを感じやすい方です。

 

眼精疲労を回復させるために、小まめに蒸しタオルで目を温めたり、遠くを見たり、眼球を上下左右に動かしたりすることも効果的です。また、目の疲れだけが眼精疲労に繋がっているということではなく、普段の姿勢や体のゆがみ、肩こりなどが関係しているため、ストレッチを行い、体を動かして血の流れを良くすると効果があります。

 

目だけでなく体全体のバランスを整えるような意識で行うことが重要です。目を健康に保つには、自分の目が病気、トラブルを持っているかを理解しておくことが重要です。私はコンタクトレンズを使っていますが、購入の際は毎回眼科検診を受けています。

 

眼科で受ける検診では目に異常やトラブルなど変わったところがないかを診てもらえます。

 

度数があっていないコンタクトを装着することは、眼精疲労を引き起こしてしまうこともあります。

定期的に眼科を受診し目の健康を守るよう意識しています。

 

最初から目は良い方なので、今日まで目を労わることについて考えなかったのですが、このごろはパソコンやスマホの画面を長時間見ることで、目の疲れを感じるようになりました。

 

そろそろ老眼鏡のお世話になる年齢ですが、なるべく視力を落としたくないので、長い時間画面を見続けることは止めて少しの間目を閉じたり、遠くの景色を見たりと気を遣っています。

 

簡単にできる事ですが、それだけでも効果があるようです。

目の健康について、現代人はとても意識しなければならない環境だとおもいます。最近ではスマホへの依存をしている人が大変多いためです。

当たり前のようにスマホを手に入れている現代人は、症状に気付かずに視力がどんどん下がっていきます。また以前と比べると自然が少なくなり、液晶画面に目を向ける時間が増えたので当然目は悪化する一方です。

去年の夏、白内障にかかり手術をしました。
アトピー性により発症した白内障です。手術当日、待機中に目薬を数回指します。

 

私は30代で手術しましたが、ほかの患者さんは高齢者ばかりでした。直前には麻酔効果のある目薬を打ち、手術台に寝ると手術がはじまります。痛みはまったくありませんが、濁った目のレンズを砕く機械を使うため高い音が鳴り、レンズの交換のときに目玉をグリグリといじられるので、嫌な人は嫌かもしれません。片目ずつしか手術できないので、両目をやる際は期間が空きます。3年前の朝のことです。
「あれ?新聞の文字が読みづらい」と感じたのが始まりでした。
ついにきた、老眼です。

 

文字を読んだり、食事する時でさえも目に疲れを覚えるようになりました。この日がやってきてから、とにかく目を大事にムダにテレビやPC画面は見ないようにし、趣味の読書も時間を決めてしたりしています。就寝前には顔に温かいタオルを乗せて眼の周りの血流を良くしてから、休むようにしています。

 

就寝前は熱めのタオルを絞り目を覆い温めて寝ます。
日々の生活スタイルになっているので、だいぶ疲労感はなくなりました。

 

現代という時代は、目を使いすぎています。
パソコンやスマートフォンなどからの画面から発する、ブルーライトは目に大きなダメージを与えます。

しかし、今やこれらの道具は生活に欠かせません。

いったい私達は目の健康のためにどうしたらよいのでしょう。

 

はじめに悪い状況から目を守るということです。

それにはブルーライト軽減メガネというものがあります。また、疲れてしまった目を休ませることも大切です。

お手軽な方法としては、蒸しタオルなどで目を温めて血液の流れをよくすることで目の疲労が和らげます。目が見えなくなるということはもっとも嫌なことですが、知人が白内障にかかってしまった人がいますし、私自身も何かの拍子に目を切ってしばらくの間眼帯をつけていたことがあります。今後も眼帯や目が見えない状態にならないために普段から気を付けて生活しなくてはいけないと思います。
高いところに危ないものを置かない危なくないように置く。目が疲れないようにマッサージするのも良いでしょう。

 

子供が小さいときにやっていたのは、ゲームをやった後に遠くの景色を見ることです。

 

遠くの景色をただぼんやり眺めるのではなく、山々の木の緑の1つを集中して見つめます。ゲームをしているときにずっと近くを見ていた焦点を遠くに合わせる事で強張った目をほぐし疲れを取り除きます。時間にして、5分から10分です。木などの自然の緑は、目の疲労を取ってくれます。

こうやって視力の低下を予防しました。最近はドラッグストアやオンラインで簡単にコンタクトも購入することができます。その為間違った使用方法によって目の病気になってしまう人たちが増えていますね。
スマホやパソコンの長時間作業で目の疲れやドライアイを引き起こしてしまう人も急増しています。

近いところばかりを見ると、筋肉がかたくなり近視の原因にもなります1時間たったら10分程度は目を休め、目のストレッチをすることで血行をよくする事で、眼精疲労は軽減されますよ!可能ならホットタオルを目に当てるのも効果が高いです。主婦カラコンを選ぶならナチュラルがおすすめ